様々な副業アルバイトについて

治験は見つけたらやってみたい?!

副業は色々な種類があるみたいですが、結構耳にするのが「治験」です。「治験バイト」「治験で副業」「治験モニター」「新薬モニター」など、ネットを観覧すると結構幅広く募集がある様です。

 

 

治験とは、販売前や認可前の新薬を自身の身体を使ってテストするというもの。

 

 

参加者は“バイト”としてではなくあくまで“ボランティア”として治験を行い、終了後は“給料”ではなく“報酬”として金銭を受け取ります。在宅で決まった時間に薬を飲み、他は自由で数日後に指定の病院で採血や診察を行うという結構フリーな治験もあれば、数日間施設に入院して薬を飲むあるいは点滴をするなどし、採血や診察を行って退院。

 

 

 

その後報酬を貰うという、ある程度拘束される治験もあります。拘束されるのは嫌な気もしますが、実際入院して治験に参加した人の話を聞くと、ずっと安静にするだけ。テレビを見ても本を読んでも良い。暇で仕方ないけれどこれで報酬が貰えるのは有難いし、しかもスマホがあるから暇つぶし出来てむしろ最高。この様に言っていました。

 

 

 

大学生が治験に参加し、入院中はずっと勉強していたとの話も聞きましたし、主婦の方が副業として参加。子供は実家に置いてきたとの話も聞きました。検査の種類によって報酬はまちまちですが、20泊21日で40万円の報酬というケースもありますし、在宅での場合は数万円〜みたいです。

 

 

 

入院の場合は栄養管理された食事が3食付くとの事で、入院での治験はかなり人気があります。こんなに素敵なバイトなら是非やってみたい!しかもあくまでボランティアな
んだから、万が一副業として会社に疑われても逃げる事が出来そうだし!しかし少々デメリットもある様です。

 

 

 

例えば先程入院中は安静にしているだけだから最高♪との記載をしましたが、かなり高額な報酬をもらえる治験の場合、規制が随分細かいと聞きます。

 

 

寝る際の体制、頭の位置、食事はベット上で行えば良いとしても、排せつまでベットの上。アルコール等で身体を拭くのみで入浴やシャワーはNG。勝手に上半身を起こしてはいけない。勿論勝手に電話でお喋りなんてもってのほか。

 

 

ここまで制限をされては心身的に参ってしまいそうです。それでも“これだけ頑張れば○万円・・”と心の中で唱えながら頑張れるのなら、是非治験バイトに参加してみて下さい。募集はネット上で行う事もありますが、口コミでの参加募集も結構あります。タイミングがあえば素敵な副業となりそうです。